HOME > 主な実績 > ファーム書き込み機

ファーム書き込み機とは

 「他社に無い」「高速処理」「コストパフォーマンス」をクリアした自動プログラミングシステムです。
 高野精器はこれを長年に亘る研究の末に開発に成功いたしました。
 2006年4月の時点でタクト3.5秒は国内最速です。

製品の主な特徴

  1. 小スペースのために場所を必要としません。
  2. ミナトエレクトロニクス社製ロムライター使用(16書き)他メーカー対応可能(要確認)
  3. ROM供給はJEDEC標準トレー2枚セット可能
  4. 画像処理によるオートティーチング機構を標準装備
  5. BGAパッケージ等に対応します
  6. わずか0.8㎡の小スペース⇒日刊工業新聞「省スペース化を実現」2006年3月取材
  7. 自動プログラミングシステム最速ックスFK0601は、他社には無い脅威の[タクト3.5秒」の高速処理を低価格で実現!!

[最速ックス] FK-0601概略仕様
搭載可能プログラマ

ミナトエレクトロニクス製16個書きギャングプログラマ
(MODEL1950・MODEL1940など)

対応デバイス

BGA

仕様ソケット

オープンソケットタイプ

装置外形寸法

800(W) × 1000㎜(D) × 1400㎜(H) (突起物を除く)

装置能力

搬送タイム:1個あたりの1トレー平均3.5秒/ソケット (書き込み時間は含んでおりません。)

動力源

空圧 5㎏/㎠
電源 単相AC100V 15A 

価格

要相談(仕様によって異なります。)


ページの先頭へ