HOME > 主な実績 > 真空ラミネーター

真空ラミネーターとは

 真空ラミネーターの使用目的は、各種の張り合わせなどにご利用できますが、特にFPC補強板・カバーレイ・PDP向けアルミ放熱板などの張り合わせには実績があります。

製品の主な特徴

  1. 真空ラミネーターの構成は、モーター駆動により前後に移動するテーブルと、加圧用の熱板から成り立ちます。
  2. 制御回路は本体下部の制御盤内に組み込まれています。
  3. 真空ラミネーターの使用目的は、各種の張り合わせなどにご利用できますが、特にFPC補強板やカバーレイ・PDP向けアルミ放熱板等の張り合わせには実績があります。リジットフレキの電磁波シールド貼り付けにも応用できます。
  4. Hot to Hotでサイクルアップが可能で、コストダウンに寄与できます。
  5. 熱板温度は50℃~180℃にて使用。
  6. 真空引き時間・プレス時間とも1~9999秒に任意設定可能。

真空ラミネーター 概略仕様
対応最大ワークサイズ

350㎜(D) × 500㎜(W) × 1.5㎜(t)

真空引き能力

最大真空到達圧:5kPa(abs)  設定時間:1~9999秒

加圧能力

圧力設定範囲:5~20㎏/㎠  設定時間:1~9999秒

加熱温度範囲

使用可能設定温度範囲:50~180℃

装置外形寸法

870(W) × 1150㎜(D) × 1600㎜(H) (突起物を除く)

装置重量

約2.5t

動力源

空圧 0.55MPa
電源 三相AC200V 50A 

価格

※販売元は明星電気株式会社となります。

お問い合わせは明星電気白河工場までお願いいたします。

URL:http://www.meiseidenki.co.jp/shirakawa/

TEL: 0248-53-2611 


ページの先頭へ